キャンパスライフ

卒業生・在学生の活躍報告募集! NEWSを送る

2018.10.12

【GEIBUN オープンエアミュージアム in 環水公園2018】開催報告!

2018年の屋外展示の様子

GEIBUNオープンエアミュージアムin環水公園2018
富岩運河環水公園で今年も開催しました!

「GEIBUN オープンエアミュージアム in 環水公園」は今年で9回目(9年目)!屋外展示から展望棟内展示、作品公開制作から毎週末に行われるワークショップまで盛り沢山の内容でした。また、富山県美術館TADギャラリーにて「富山大学芸術文化学部卒業制作展セレクション」展を開催。環水公園全体を舞台に、さらに魅力的なイベントとしてお届けできるよう、本展を継続していきたいと考えています。

GEIBUN オープンエアミュージアム in 環水公園
主担当:渡邉 雅志(芸術文化学部 准教授)

イベントの各シーンをダイジェストでご紹介します。

「CODON’18-1」後藤 敏伸(芸術文化学部 教授)
「素 × so -1」齊藤 晴之(芸術文化学部 教授)
「緑風」森山 円(芸術文化学部 造形芸術コース)
「環る」森崎 湧斗(芸術文化学部 デザイン工芸コース OB)
「HAPPINESS BIRD PROJECT」学生有志、渡邉 雅志(芸術文化学部 准教授)

ヒントが書かれたマップをたよりに、園内に設置された「しあわせの鳥」を探す作品。展望棟内には「トリカード」に模様を描いて枝に留めるブースを設置。留まったトリカードは約400枚!

「ショーケースプロジェクト」

展望塔壁面に作品を展示するためにデザインしたアクリルケース。内部に絵画作品や立体小品を展示しています。

[プログラム 1/作品公開制作やワークショップ]

「芸文の作品公開制作」
8月25日(土)、26日(日)10:00~16:00
園内を行き交う来園者の方々に作品を制作する様子を公開し、完成形としての作品展示だけではなく制作の過程からも、ものづくりのおもしろさを伝える企画。今年の公開制作は「あやとりプロジェクト」と「てんてんてんと」の二作品。

「あやとりプロジェクト」Art For All(芸文ワークショップサークル)

75mの長さの紐で行う巨大あやとり。写真は高さ2mに設置した「吊り橋」。

「てんてんてんと」山田 千晶、大音 萌子、池田 愛花里、村井 美月、南塚 映穂

惹かれるように作品の中に入って遊びだす子どもたち。

夢りんごプロジェクト(ワークショップ

8月26日(日)、9月9日(日)13:00~16:00
りんごの絵馬に夢を描いてつるします。大人も子どもも絵や文字で願い事を表現していました。描かれた絵馬は約70枚!

トレード缶バッジ(ワークショップ

9月2日(日)13:00~16:00
ほしいバッジを見つけて自分の描いたバッジと交換します。交換したバッジは約50個!

チョウの楽園 in 富山県美術館(ワークショップ

9月2日(日)13:00~17:00
チョウのカードに模様や柄を描いて貼っていくと、会場にチョウの楽園が出来上がりました。描かれたチョウは300匹!

葉っぱのぬいぐるみ(ワークショップ

9月16日(日)13:00~16:00
公園で拾った葉っぱでぬいぐるみをつくります。うさぎをつくった女の子。うさぎの耳にピンクのマスキングを貼るアイデアを教えてくれました!

ナイトミュージアム(一夜限定の作品展示

9月23日(日・祝)18:00~21:00
夜の公園で一夜限定の作品展示をします。展望塔屋外壁面に映像作品を映写しました。今年は「エアロビ」がテーマの映像作品。作品前で踊り出す女の子が可愛らしかったです!
映像制作:熱田 季音、原 豪士、前渕 耕平、竹内 常人 

[プログラム 2/富山大学芸術文化学部卒業制作展セレクション]富山県美術館TADギャラリー

「富山大学芸術文化学部卒業制作展セレクション」

8月9日(木)〜9月4日(火)9:30~18:00
今年2月に開催された「GEIBUN9 芸術文化学部卒展」からGeibun Prize 2018に選ばれた作品および大学院生の作品を展示しました。来場者は約26,000人!!

[関連イベント/プロムナードイベント]プロムナード(環水公園内の美術館への遊歩道)

似顔絵バッジ(ワークショップ

8月25日(土)10:00~16:00
芸文生が似顔絵を描いてその場でバッジをつくります。

「TOMMY DINING」「出口と野口」

8月25日(土)、26日(日)10:00~16:00
芸文生による手づくり雑貨の展示即売。

GEIBUNオープンエアミュージアムin環水公園2018

富山大学芸術文化学部では、教員・学生の作品を、県の親水文化公園である富岩運河環水公園に展示する「GEIBUNオープンエアミュージアム in 環水公園」を2010年より開催しており、今回で9回目の開催となります。2017年に環水公園内に富山県美術館(TAD)が開館し、昨年10月には、美術館のラボ(アトリエ内)にて富山大学と富山県美術館の連携によるワークショップを開催しました。本展では公園内の展示に加え、富山県美術館TADギャラリーにて「富山大学芸術文化学部卒業制作展セレクション」を開催し、地元、富山大学の学修成果を県民の皆さまにご覧いただく機会を提供します。
環水公園ならびに富山県美術館を舞台に、県民の皆さまと豊かな地域の魅力をアート・デザイン・芸術文化を通して醸成していくことをねらいとして開催いたします。

[日時]
2018年8月25日(土)~9月24日(月・祝)
今年の開催は終了しました!ありがとうございました!

[場所]
富岩運河環水公園・富山県美術館
富山県富山市湊入船町

[展覧会]
GEIBUN オープンエアミュージアム in 環水公園2018
→フライヤーはこちら

[担当]
渡邉 雅志(芸術文化学部 准教授)
後藤 敏伸(芸術文化学部 教授)
齊藤 晴之(芸術文化学部 教授)

[主催]
富山大学芸術文化学部、富山県美術館

[後援]
富山県

[お問い合わせ]
富山大学芸術文化学部総務課 総務・研究協力チーム TEL:0766-25-9139

[関連リンク]
【受験生へのメッセージ】「創造性を育む日常を」渡邉 雅志

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com