教員紹介

視覚伝達デザイン

沖 和宏
おき・かずひろ 准教授
Oki, Kazuhiro

研究テーマ

「地域社会、産業との連携によるトータルデザイン」

© 永井豪/ダイナミック企画、株式会社 ナガエ 悪魔人間 降魔成道像

現在の研究課題・概要

1.「視覚伝達におけるデザインの体系化」
視覚デザイン分野における、情報伝達のための行為とその結果を、
(1) 造形的表現技術に主眼をおいた表現法
 ・形、色彩、素材、空間、時間などの構成面に関して
 ・イラストレーション、写真、タイポグラフィー、デジタル・クリエイトといった技術面に関して
(2) 社会性や、企画・戦略面に主眼をおいた表現法
 ・ライフスタイル、経済、治安などの社会背景との関連
 ・地域や組織の理念、構造など、実施される環境の状況や事情との関連
 ・ツールとしての戦略的テクニカル面について
(3) 生産上のテクニカルな面に主眼をおいた表現法
 ・印刷の最新技術やデジタル技術への対応の有無など、生産段階での問題との関連
主として以上の3軸に関して、系統立てて分析する。
現行の具体的研究テーマとしては、
(1)「限られた平面上における巨大性視覚の研究」
(2)「新聞広告における有効な情報伝達表現の類型化」
(3)「ごく限られた製版数による、効果的な伝達表現」などがある。

2.「異分野に属する対象者への、有益な造形(デザイン)教育のあり方とその方法」
すでにかなり前から教育現場においては、知識性と創造性のバランスのとれた横断的な内容の教育が要望されてきていた。その意味でデザインという行為と概念は、あらゆる分野を横断する活動であり、その教育は単に造形系の学生に対してのみ教授されるものでなく、あらゆる専門系の学生に同様に行われるに足る有益性を含有している。そこで異分野複合カリキュラムの可能性と効果に関し、広く学外における様々なケースを収集し、教授が必要となるコアな要素の抽出、指導上のテクニカルな問題などの参考とし、自らの講義・演習教科の中で実際に展開しながら、徐々にその教育法の確立を目指す。

作品

『フォルツァ総曲輪シアターガイド』デザイン(2008~現在)
『ゆらぎ華飾技術を用いた携帯電話取替カバー』のデザイン提案(2007)
『悪魔人間 降魔成道像』商品企画と製品造形・広報に関する制作・監修(2012)
『等身大デビルマン像(永井豪記念館設置)』の造形開発に係る一連の企画と監修(2012)

論文

『まちづくりにおける藤子・F・不二雄とそのキャラクター活用に関する考察と提案』(ノート・2007/紀要第2巻)『慶弔文化と贈答品 -細工蒲鉾と慶弔饅頭』(報告・2009/『とやまの未来・文化活用事業』報告書)

地域社会における活動状況

高岡市伝統工芸産業技術者養成スクール講師(高岡市デザイン・工芸センター主催、1992年~(隔年))、マイシティ高岡若者プロデュース事業選定委員会委員(高岡市企画調整部主催、1997年11月~)、若者とまちづくりフォーラムアドバイザー(同実行委員会主催、高岡市企画調整部委託事業、1999年10月~2000年3月、2001年11月~2002年3月)、氷見市商店街との共同事業による相互促進企画のプロデュース(氷見市商店街協同組合、氷見商工会議所企画、2001年~)、東京学芸大学保健管理センター広報アドバイス(2001年~)、高岡大和販売促進企画と高岡短大とのコラボレーション(2001年4月~5月、2001年12月)、新規開業するクリニックに係るCI、および広報ツールの制作アドバイス(2001年9月~2001年12月)、高岡市美術館開館10周年記念プレイベント「問いのうつわ」ゲストキュレーター(高岡市美術館、2003年4月~2004年3月)、「富山シティープロモーション」コーディネート(富山市と富山大学の共同事業、2009年8月)、「県デザイン経営塾5」実行委員長(富山県、氷見市商工会議所との共同事業、2010年)、「県デザイン経営塾8」実行委員長(富山県、氷見市との共同事業、2013年)

共同研究(相談を含む)、可能な分野

ビジュアル・コミュニケーションに関連した分野

講演等実施可能なテーマ

ビジュアル・コミュニケーション、あるいは広告表現に関連した分野

沖 和宏 おき・かずひろ
Oki, Kazuhiro

芸術文化学部 准教授
大学院芸術文化学研究科 准教授

学歴

金沢美術工芸大学産業美術学科(1988年)卒業、 同大学大学院美術工芸研究科修士課程(1990年)修了、芸術学修士

略歴

公立中学校教員、高岡短期大学助手、講師、富山大学芸術文化学部講師を経て、2010年4月現職

学会等

日本デザイン学会、芸術工学会

学部担当科目

CG基礎演習、プレゼンテーション演習、色彩基礎演習、卒業研究・制作

大学院担当科目

デザイン特別演習A、課題研究Ⅰ・Ⅱ