教員紹介

英文学

小田 夕香理
おだ・ゆかり 准教授
Oda, Yukari

研究テーマ

「19世紀イギリス小説」
「イギリスの女性作家の小説」

現在の研究課題・概要

「イギリスの女性作家と創作についての研究」

著書

  • 共著:担当部分‘Wuthering Heights: Education as an Intermediary Factor’(The Brontës and Education, ed. by Robert J. Duckett, The Brontë Society, 2005)
  • 共著:担当部分「ヒースクリフと劣等感―『嵐が丘』における「負」と「統一」(『ザルツブルグの小枝』、柳五郎編著、大阪教育図書、2007年)
  • 共著:担当部分「ロックウッド―『嵐が丘』における二つの世界とその架け橋」(『英語・英米文学のフォームとエッセンス』、佐野哲郎教授喜寿記念論文集刊行委員会編、大阪教育図書、2009年)
  • 共著:担当部分「Unit 4: Stargirl」(『リーディング主体の総合教材:楽しく読む FANTASY の世界』、奥村真紀、早瀬和栄、宮川和子、小田夕香理編著、大阪教育図書、2010年)
  • 共著:担当部分「『シャーリー』あらすじ」(『ブロンテ姉妹の世界』、内田能嗣編著、ミネルヴァ書房、2010年)
  • 共著:担当部分「『嵐が丘』における「曖昧さ」と「揺らぎ」―ヒロインのあり方から―」(『イギリス文学のランドマーク』、大榎茂行教授喜寿記念論文集刊行委員会、大阪教育図書、2011年)
  • 共著:担当部分「ジェイン・オースティンとブロンテ姉妹」(『あらすじで読むジェイン・オースティンの小説』、内田能嗣、惣谷美智子編著、大阪教育図書、2012年)
  • 共訳:『エミリ・ブロンテの日記』(サラ・フェルミ著、内田 能嗣、清水 伊津代、前田 淑江訳編、大阪教育図書、2013年)、担当部分:pp.39-46
  • 共著:担当部分「『シャーロット・ブロンテの生涯』に描かれたエミリ・ブロンテ」(『イギリス文学と文化のエートスとコンストラクション』、石田久教授喜寿記念論文集刊行委員会、大阪教育図書、2014年)
  • 共著:担当部分「エミリ・ブロンテの日記――二人から一人へ」(『ブロンテと19世紀イギリス』、日本ブロンテ協会、大阪教育図書、2015年)
  • 共著:担当部分 ‘Emily Brontë and Blackwood's Magazine’( 『言語・社会・文化―Language, Society and Culture―』、福森雅史編著、ブイツーソリューション、2016年)
  • 共著:担当部分「「シャーロット・ブロンテ」を書き直す――A・S・バイアットの『ゲーム』の場合」(『文藝禮讃―イデアとロゴス』、内田能嗣教授傘寿記念論文集刊行委員会、大阪教育図書、2016年)
  • 共訳:担当部分「第十一章 ブロンテ姉妹のきょうだいの絆 ドルー・ラモニカ・アームズ」(マリアン・トールマレン編著『歴史のなかのブロンテ』、内田能嗣・海老根宏監訳、大阪教育図書、2016年)
  • 共著:担当部分「第9章 アニータ・ブルックナー 『秋のホテル』にみる現代女性の苦悩――ロチェスター不在の『ジェイン・エア』を読む」(『めぐりあうテクストたち――ブロンテ文学の遺産と影響』、惣谷美智子、岩上はる子編著、春風社、2019年)

論文

  • (博士論文)‘The Formation of Emily Brontë's Imaginary World’(University of Liverpool, 2007)
  • 「エミリ・ブロンテとゴシック:『嵐が丘』の近親相姦と分身のモチーフの考察」(『北海道英語英文学』2003)
  • ‘Emily Brontë and Maria Edgeworth: Ambiguous Narrative and National Identity’(『北海道英語英文学』2005)
  • Wuthering Heights and the Waverley Novels: Sir Walter Scott's Influence on Emily Brontë’(Brontë Studies(UK), 2007)
  • ‘The Function of Provisional Freedom in George Gissing's The Nether World’(『福井工業大学紀要』2009)
  • 「エミリ・ブロンテ像と『嵐が丘』―シャーロットの「伝記的紹介文」と「まえがき」をめぐって―」(『ブロンテ・スタディーズ』2009)
  • ‘Emily Brontë and the Gothic: Female Characters in Wuthering Heights’(LISA e-journal, 2010)
  • 「『嵐が丘』再訪―登場人物が担うもの―」(『福井工業大学紀要』2010)、「変わりゆくブランウェル・ブロンテ像をめぐって」(『福井工業大学紀要』2012)
  • 「女性作家について書く―シャーロット・ブロンテとギャスケルの場合―」(『ギャスケル論集』2012)
  • 共著:ノート「芸術系学生のための英語教育のありかた」(『GEIBUN 010 富山大学芸術文化学部紀要』、深谷公宣、小田夕香理著、富山大学芸術文化学部、2016年)

地域社会における活動状況

  • 福井県大学連携リーグ公開講座講師(2012年11月)
  • 福井県大学連携リーグ公開講座講師(2013年11月)
  • 福井県大学連携リーグ公開講座講師(2014年11月)
  • 福井県大学連携リーグ公開講座講師(2015年10月)

共同研究(相談を含む)、可能な分野

英文学に関すること

将来の研究構想

現代女性作家の作品に見られるヴィクトリア朝女性作家の影響についての研究

講演等実施可能テーマ

「ブロンテ姉妹」、「イギリスの女性作家の小説」

小田 夕香理 おだ・ゆかり
Oda, Yukari

芸術文化学部 准教授

学歴

英リヴァプール大学大学院英語英文学研究科博士課程(2007年)修了、文学博士

略歴

福井工業大学講師を経て、2014年4月芸術文化学部講師、2021年4月より現職

学会等

日本ブロンテ協会、The Brontë Society (UK)、日本ブロンテ協会関西支部、日本英文学会、日本英文学会中部支部、日本ヴィクトリア朝文化研究学会、日本アイリス・マードック学会、日本オースティン協会、日本アイルランド協会

学部担当科目

ジェンダーと創作、文学と芸術、展示演習、コミュニケーションデザイン概論、特別実習(空間分析)

教養教育担当科目(五福キャンパス)

外国文学、英語リテラシーⅡ