教員紹介

家具デザイン
プロダクトデザイン

内藤 裕孝
ないとう・ひろたか 講師
Naito, Hirotaka

研究テーマ

「デジタルデザインツールによる造形研究」
「家具・インテリアプロダクトのデザイン開発」

demi+

現在の研究課題・概要

「デジタルデザインツールによる造形研究」
3D CAD/CAMをはじめとする先端的なデジタルデザインツールの特徴を生かしたプロダクト開発を「加工」「素材」「デザイン」の視点から行い、新たな造形手法の構築を試みる。

「家具・インテリアプロダクトのデザイン開発」
家具やインテリア小物のデザインを異素材の組み合わせで行い、地場産業における異業種連携につなげるとともに、産学連携を取りながら商品化を前提としたデザイン開発を行う。

作品

「chair」(札幌芸術の森クラフト全国公募展92入選、札幌芸術の森、1992年) 、「小さなバスシェルター」(富山プロダクトデザインコンペティション1997入選、富山インダストリアルデザインセンター、富山県民会館、1997年)、「クリエーターの為の箱」(共同、スウェーデン国際家具見本市、Stockholm、2000年)、「PT Bench」(人と環境にやさしいデザイン展、高岡市デザイン・工芸センター、(株)富山県産業高度化センター、2002年)、「チェステーブル」(北欧のデザイン/北陸のデザイン展、高岡市デザイン・工芸センター、(株)富山県産業高度化センター、2003年)、「line -low table-」(第44回富山県デザイン展 富山市民プラザ、2004年)、「pocket world」(Design Wave 2005 in Toyama WORK SHOP作品展、富山県産業高度化センター、2005年)、「face -coaster-」(工芸都市高岡伝統と革新展、高岡市美術館、2005年)、「nest -toilet paper holder-」(工芸都市高岡伝統と革新展、高岡市美術館、2005年)、「stripe -stationery-」(工芸都市高岡伝統と革新展、高岡市美術館、2005年)、「table for Glass Crafts Room」(Glass Crafts Room 富山県射水市、2005年)、「fragile -side table-」(第46回日本クラフト展 海外研修賞、丸ビルホール、2006年)、「one two three -table series-」「2Legs mirror」(エフ・ディ・ジャパン株式会社、2006年)、「SHU SHU-pot stand-」(第46回富山県デザイン展 奨励賞、富山国際会議場、2006年)、「KURU KURU-pot stand-」(第46回富山県デザイン展、富山国際会議場、2006年)、「plus one-flower base-」(Design Wave 2006 in Toyama WORK SHOP作品展、富山県民会館、2006年)、「enn-pot stand-」(工芸都市高岡2007クラフト展 入選、大和高岡店、2007年)、「こどもたてもの探偵団」トロフィー(日本建築学会北陸支部、ウィングウィング高岡、2007年)、「木でできた冒険道具」展 会場デザイン(LIVING ART in OHYAMA 2008、富山市大庄地区コミュニティーセンター、2008年)、「大宝寺のベンチ」(受託研究事業、大宝寺/高岡市、2008年)、「大山隆ガラス展」什器制作(大山隆ガラス展、GALLERY IN THE BLUE、2008年)、「demi+」(工芸都市高岡2008クラフト展 入選、大和高岡展、2008年)(第48回富山県デザイン展 奨励賞、2008年)(富山プロダクツ2009 選定商品、2009年)、「Porto(テーブルウェア)」(工芸都市高岡2010クラフト展 入選、大和高岡店、2010年)、「BARCA(テーブルウェア)」(第50回日本クラフト展 入選、丸ビルホール、2010年)、「7°-pen tray-」(工芸都市高岡クラフト展 入選、大和高岡展、2013年)

論文

バリアフリー・チェアーの研究その1(共著、日本インテリア学会、第6回大会研究発表梗慨集、1994年)、高齢者椅子III(共著、北海道東海大学北方生活研究所所報、No.21、1996年)、共同課題による工芸品制作の試み カペラ・ゴーデン美術工芸学校の作品に学ぶ(共著、 (財)富山県高等教育振興財団平成10年度研究助成報告書, 2000年)、産学共同プロジェクトにおける実践教育についての考察-ラハティポリテクニックの活動を例に-(単著、高岡短期大学紀要Vol.19、2004年)

学術賞等

「fragile -side table-」(第46回日本クラフト展 海外研修賞、丸ビルホール、2006年)、「SHU SHU-pot stand-」(第46回富山県デザイン展 奨励賞、富山国際会議場、2006年)、「demi+」(第48回富山県デザイン展 奨励賞、富山市民プラザ、2008年)

地域社会における活動状況

  • 井波木彫刻工芸高等職業訓練校非常勤講師(1996年~1998年、2001年~2009年)
  • 後継者育成講習会講師(伝統工芸高岡銅器振興協同組合、2004年)
  • 「木でできた冒険道具コンペティション」審査員(LIVING ART in OHYAMA 富山市大山行政センター、2010年~)

共同研究(相談を含む)、可能な分野

家具・インテリア小物のデザイン、商品開発

将来の研究構想

先端的なデジタルデザインツールと熟練した手仕事を融合させ、新たな造形手法の開発について探ってみたい。

講演等実施可能テーマ

「家具デザインにおけるデジタルツールの活用法について」、「家具デザインと素材について」

内藤 裕孝 ないとう・ひろたか
Naito, Hirotaka

芸術文化学部 講師

学歴

北海道東海大学芸術工学部デザイン学科(1993年)卒業、同大学大学院芸術学研究科修士課程(1995年)修了、芸術学修士

略歴

1995年4月より高岡短期大学助手として着任、富山大学芸術文化学部助教を経て、2010年4月より現職

学部担当科目

芸文総合演習B、CG入門演習(3D)、デザイン基礎(クラフトデザイン演習)、デザイン展開(クラフトデザイン実習)、デザインプロジェクトC(家具)、工芸技法・材料、特別実習(「LIVING ART in TOYAMA」プロジェクト実習)、芸文基礎演習C、卒業研究・制作

大学院担当科目

木材工芸特別演習B

教養教育担当科目(五福キャンパス)

デザインと生物