産官学

地域連携教育 ブログ

地域活性化を目指して

芸文が地域活性化を目指して取り組む様々な産官学の試み。
地域に根ざし、地域で鍛え、世界へ向かう力を養います。

連携:高岡市、末広開発

「作品を発表する喜び、評価を肌で感じる場」
授業成果・制作活動の発表、中心市街地の活性化、地域の企業や職人と学生との交流を目的に産官学で設置されたギャラリー。モノづくりに繋がる地域コミュニティとして、また、発見と出会いの『場』づくりを行っています。

geibun オープンエアミュージアム in 環水公園

「外にある、期間限定の美術館」
芸術文化学部の学生および教員の作品を、富山県の代表的な公園である富岩運河環水公園に展示します。会期中は様々なワークショップも行います。

県デザイン経営塾10

連携:富山県(商工労働部商工企画課)

「コミュニケーション戦略〈見える化〉から〈魅せる化〉へ」
県内の様々な事業所の方々を対象として、デザイン的手法でそれぞれの職場を改善することにより、やる気アップと競争力強化を図る、〈魅せる化〉をテーマにして開催しました。

県デザイン経営塾9

連携:富山県(商工労働部商工企画課)

「コンテンツ、情報、人のつなぎかた」
富山県が持つ様々なコンテンツをどのような情報として発信すれば良いか、どのようにつないでいけば良いかを、つなぎ方のデザインとして一緒に考えてみました。

県デザイン経営塾8

連携:富山県、氷見市

「ひとをつなぐ まちを創る 氷見スタイル講座」
実行委員が企画したセミナーは、各テーマに関連する事業者や市民団体、商工会議所、観光協会の職員、関連の市職員に開講され、時には地元大学生や一般市民を交えた”地域ぐるみの学びの場”を創出しました。

県デザイン経営塾7

連携:富山県、井波本町通り振興会

「地域固有の資源を活用した商店街のコミュニティ・デザイン」
今回対象となった井波は、木彫を生業とする職人も多く暮らす「商店街」であり、地域の中に多数の固有な文化資源が蓄積されていると言えます。こうした資源を活かした商店街自治のあり方を問う機会となりました。

県デザイン経営塾6

連携:富山県、高岡伝統産業青年会

「『伝統の与件』再構成による新ジャンルへの展開」
今回は、これからのモノづくり産業を担う若手(高岡伝統産業青年会)のメンバーを対象として開催し、自身が持っている「売り」(他との違い・勝負できる部分)を発見し(気づき)、それを今までとは異なる市場(異なる切り口)で展開する為の方法を模索することを目標として進めました。

県デザイン経営塾5

「地域食のあらたな価値づくり」
今回は、氷見の新たな“地域食”を見出し、魅力ある価値付けをすることが目的です。

県デザイン経営塾4

連携:富山県、砺波市商工農林部

「地域資源を活かした観光発信」
今回は、県西部の有力観光資源を数多く持つ砺波市を舞台に、観光デザインマネジメントを通じて地域の活性化手法のあり方を探りました。

県デザイン経営塾3

連携:富山県、射水市観光・ブランド課

「射水市射水ブランド活用戦略」
今回は、①射水市の多様な産業に関わる関係者が交流し、②地域ブランドに対する理解を深め、③単にキャラクターを冠するのではなく、射水市の根本的な魅力づくりを踏まえたブランドづくりを行う、ためのデザイン・マネジメントを習得することが目的です。

県デザイン経営塾2

連携:富山県、宇奈月町商工会

「黒部市宇奈月温泉活性化計画」
今回は、我が国最大産業であるサービス産業の中でも、21世紀に入りその重要性が急激に高まりつつある「観光」を切り口として、富山県の「売り」のひとつである自然・文化を生かした地域活性化戦略をテーマとし、黒部市宇奈月温泉における観光デザイン経営のあり方を探ります。

県デザイン経営塾1

連携:富山県

「デザイン経営力の醸成」
本塾は、地場産業 が持つ優れたモノ造りの技術や伝統技能を活かしながら、商品企画、マーケティング力を基盤とした「デザイン力を如何に発揮したらよいか」という経営の在り方を感じ取り、デザイナーに対して「明確な目標の提示」「デザイナーの発想力をどのようにして引き出せば良いか」についてつかみ取る場を提供します。