プロジェクト授業

地域連携教育 ブログ

実践的な取り組みを単位化

プロジェクト授業とは、「教員が特定の社会的課題を挙げて、問題発見及び解決までの課程、手法をグループワーク等の他者(学生や社会的課題解決に係る関係者)との協働等を通じて実践的に学ぶ授業」です。教育効果が高いと考えられる実践的学習の中で、通常の時間割に入れることの出来ない学習実態を単位化する、画期的な試みです。
※「プロジェクト授業」の名称での開講は平成26年度より実施しています。

特別講義「芸術文化探求」平成30年度

講師:
小林 章 氏(タイプデザイナー)
中村 信喬 氏(人形師)
清河 北斗 氏(造形作家)
エマニュエル・ムホー氏(建築家・デザイナー)
田中 健太郎 氏(棟梁)
長谷川 祐子 氏(キュレーター)
西村 幸夫 氏(都市工学者)
開講:平成27年度〜

「芸術文化の本質を求めて」
芸術文化分野で活躍されている講師陣を招き、創造的行為を社会に展開していく上で、共通に必要となる発想法、思考法、実践方法について理解を深めます。

*平成31年度は開講未定

特別実習「ミラレ金屋町」
プロジェクト実習

2018年度から「金屋町楽市inさまのこ」は「ミラレ金屋町」として実施されることになりました。全国で唯一「鋳物師町(いもじまち)」として、重要伝統的建造物群保存地区に認定されている金屋町。風情ある町並みを舞台に、工芸品の展示や茶会など多彩なイベントを開催します。

*平成29年度以前入学者の科目名は、特別講義「ミラレ金屋町」プロジェクト実習となります。

特別実習「LIVING ART in OHYAMA」
プロジェクト実習

連携:富山市
開講:平成26年度〜

「都市と自然が共生するまちづくり」
富山市大山を舞台に、自然との「共生」、人との「交流」、芸術文化の「創造」を体験するイベントです。

*平成29年度以前入学者の科目名は、特別講義「LIVING ART in OHYAMA」プロジェクト実習となります。

特別実習「空間分析」

連携:富山県内各所施設
開講:平成27年度〜

「建築が生み出す様々な空間を見つけ出し、意図を探り、情景を表現する」
漫然と形を眺めるのではなく、空間の印象やそこを利用する人の心情まで想像をめぐらせ、建築空間の持つ本質的な意味を探ります。また、人に空間や自分が思い描くイメージを伝えるための重要な手法を学びます。

*平成29年度以前入学者が履修する場合の科目名は、特別講義「空間分析」となります。

特別実習「高岡クラフト市場街」
プロジェクト実習

連携:高岡市、高岡商工会議所、高岡市デザイン・工芸センター、高岡伝統産業青年会
開講:平成28年度〜

「まちとつながる大学。」
富山大学芸術文化学部としては「高岡クラフト市場街」の誕生より大きく関わっておりますが、2016年度からは、学生らの関わりを「プロジェクト実習」として単位が取得できる仕組みとしています。

特別演習「リノベーション演習A」

連携:NPO法人 元気プロジェクト、株式会社 プロデュース
開講:平成28年度〜

「旧渡辺邸 倉庫改修」
旧渡辺邸 倉庫改修の実測調査、基本設計、施工補助などを行いました。ロケ地として使用された建物は、改修後はロケ地の保存スペース、カフェ、ギャラリーとして利用します。

*平成29年度以前入学者が履修する場合の科目名は、特別講義「リノベーション演習A」となります。

特別演習「リノベーション演習B」

連携:金屋町元気プロジェクト
開講:平成29年度

「高岡市金屋町 空き家改修」
改修が予定されている空家を対象にし、その改修案を提示し、さらに改修案を参考とした実施案に基づき、改修工事の一部に関わることで、街の活性化に寄与します。

*平成29年度以前入学者が履修する場合の科目名は、特別講義「リノベーション演習B」となります。