芸文プロジェクト

地域連携教育 ブログ

芸文の資質が活きる

文部科学省は、国公私立大学を通じて、教育の質向上に向けた大学教育改革の取り組みを選定し、財政的なサポートや幅広い情報提供を行い、各大学などでの教育改革の取り組みを促進する事業等を実施しています。芸文プロジェクトとは、これら大学教育改革等に向けて「芸術文化を広く社会に還元する手法」を提案し、採択された取り組みです。

つままプロジェクト

「伝統文化を起点とした実践的教育モデルの構築」
社会と連携して地域の活性化につながる実践的な教育を行い、高い実務能力、豊かな感性、優れたコミュニケーション力を育成。時代のクリエイティブ産業を振興するスペシャリストの育成に取り組むプロジェクト。
(平成23年度特別経費選定事業)

千田 晋 教授(地域連携推進機構)

TRECプロジェクトは、「富山大学の有するデザイン・科学技術・マーチャンダイジングに関する豊富な教育研究資源を活用し、地場産業の高度な伝統技能や技術との融合による近代化された伝統工芸の創生を目指す」ものであり、「伝統技能・デザイン・マーチャンダイジングの融合により、技能に埋もれた知財の発掘・活用、技能の伝承を促進する。さらに、実務経験を通してデザインマネージメントに精通した人材の育成を行う」ことを目標としています。
(平成20年度~平成21年度 文部科学省 産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)選定事業)
(平成22年度~平成24年度 文部科学省 大学等産学官連携自立化推進プログラム(機能強化支援型)選定事業)

出会い・試し・気づき・つなぐ芸術文化教育
−ものに語らせる連鎖型創造授業−

「出会い・試し・気づき・つなぐ芸術文化教育−ものに語らせる連鎖型創造授業−」は、大学と地域が相互活用し合う仕組みとして、まず双方のニーズを「教育プラグ」「地域プラグ」と整理します。今度はそれを事業推進組織(=コンセント委員会)によって結びつけ、既存の授業科目に連携を取り入れ(=コラボレーション授業)、地域の活性化への貢献と学生の資質向上を図ることを狙いとしたプロジェクトです。
(平成19年度~平成21年度 文部科学省 「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」選定事業)