大学院 芸術文化学研究科(修士課程)

入試情報はこちら

本大学院では、学部4年間で培った知識、感性、技術を更なる夢の実現に向けて、より深化させ研究したいと望む学生や、社会に出た後に、もう一度深く専門分野を学びたいと望む社会人のために、芸術文化における各分野の専門家である教授陣が多彩なカリキュラムで万全の研究サポートを行います。日本の芸術文化を、地域はもとより全国、世界に広め発展させることで、自らの夢を実現させましょう。


大学院の学生と教員が協同で設計した「木津の庄コミュニケーションセンター+公園」

右:漆芸古典作品の部分模造
中央:自然風景の演習授業「風景をいかした森林づくりのための提案」
左:富山県美術館学芸員による講評

設置目的

本研究科は、総合芸術を基盤とした人間の文化活動全般を教育研究の対象とします。独自の表現法とその成果の社会的活用という観点から、多角的研究手法による実践的研究を行います。これからの社会において、学芸の深化を実現させる教育研究をとおし、芸術の成果を活用して心豊かな地域文化を創生するために、先導的役割を担う人材を養成することによって社会の創造性を強化することを設置目的とします。

教育目標

本研究科の教育目標は、伝統文化を起点としたものづくりの体系を深め、国際的視座に立ち、普遍的・歴史的・地域的な固有の視点と専門知識の深化及び地域の諸問題に対する実践的な教育を行うことです。

養成する人材像

設置目的に挙げた「先導的役割を担う人材」には、高度な専門職業人として次の能力が求められます。

  • ①文化や価値観の違いの理解と論理的思考力
  • ②芸術の成果を具体的に表現できる創造力・表現力
  • ③芸術の成果を伝統技術に立脚して具体化できる制作力
  • ④課題解決にむけた具体的な企画調整力
  • ⑤地域文化とその多様性を尊重する発想力
  • ⑥社会における先導的役割を担える実践力

学部では、幅広い教養と芸術文化を中核とした基礎的能力を習得します。
学部で培った基礎の上に、本研究科では、学芸の深化を実現することによって、以上の6つの専門的能力を組み合わせ、複眼的視野を有する創造性豊かな高度専門職業人を養成します。具体的には、これからの社会を先導する次の3つの人材像に象徴される高度な専門的職業人を養成します。

  1. 新時代の芸術文化を担うアーティスト
  2. クリエイティブな産業のコーディネーター
  3. 新たな地域文化のリーダー

大学院教育課程の概要

本研究科では、芸術文化学における多様な造形表現、芸術の普遍的価値などの基本的視野を持つための共通科目を、また、伝統文化を起点とした創造性を深化させるための「造形表現」「工芸」「建築・デザイン」「芸術文化論」の科目群を開設し、学生の目標に応じて、科目群を横断して構成した履修計画により教育を進めます。学部教育の学問体系は継承し連続性を保ちつつも、科目群を横断する教育研究体制を可能として、高度専門職業人の養成を担います。科目群は、次のような特徴を持っています。

●造形表現 科目群
平面、立体造形及びメディアアート制作などの多様な芸術的表現に関する科目で構成
●工芸 科目群
工芸のもつ、素材、用途、美的感性、造形感覚、加工技術、様式、独自性などのバランスを深く学び、自らのアイデンティティーを核として世界に通用する価値の創出に関する科目で構成
●建築・デザイン 科目群
多様なデザイン表現力、生活環境としてのデザイン・建築・まちづくりの総合的な企画調整力、伝統文化の再生や地域創生、クリエイティブな産業に関する科目で構成
●芸術文化論 科目群
世界、日本、地域、人間というように芸術を身近な場へと視点を移動させることによる普遍的価値観、伝統文化を起点とした地域の芸術文化理論に関する科目で構成

これらの科目群は、学部との接続を容易に理解するための専門科目の括りであり、履修上の指針とするものであって、コース制のように修了までの学生の所属として設けてはいません。学生は自らの課題研究テーマや目標に応じて指導教員との相談によって主体的に履修科目を選択することにより、特定の科目群を中心に深めることも、複数の科目群を横断的に履修することも可能としています。

本研究科の学生は、基幹となる共通科目を選択必修として履修することで、普遍的、歴史的、地域的な固有の視点を持ちつつ、専門科目の中から自らの修学目標に合致した授業科目を中心に履修することにより、軸足となる専門技術、専門知識を深化させます。この結果、本研究科の「養成する人材像」が育まれるカリキュラム体系としています。

教員紹介

大学院 芸術文化学研究科 担当教員を紹介します。
個人プロフィールページにリンクしていますので、より詳しい内容がご覧になれます。

安達 博文 教授
美術(テンペラ画、油彩画、版画)
有田 行男 准教授
デザインマネジメント
伊東 多佳子 准教授
美学、芸術哲学、環境美学、環境芸術論
上原 雄史 教授
建築意匠、建築設計、
建築を中心にした地域計画設計論
内田 和美 教授
プロダクトデザイン、トランスポートデザイン
大氏 正嗣 教授
構造デザイン、数理的配置計画
木材の積層架構等
大熊 敏之 教授
近世近代美術史(西洋・日本)、工芸史
デザイン史、博物館学
沖 和宏 准教授
視覚伝達デザイン
奥 敬一 准教授
風景学、風景観光論、世界遺産学
小川 太郎 講師
漆芸
金岡 省吾 教授(地域連携推進機構)
地域づくり、ランドスケープ、マーケティング(消費者行動)
河原 雅典 准教授
人間工学、働態学
後藤 敏伸 教授
環境造形、立体造形、木彫
齊藤 晴之 教授
工芸美術、漆造形、立体表現
三宮 千佳 講師
東洋美術史、日本美術史 ( 古代~中世 )、博物館学
島添 貴美子 准教授
民族音楽学、民族芸能研究、伝統文化論
清水 克朗 准教授
美術鋳造
髙島 圭史 准教授
日本画
高橋 誠一 教授
漆工芸、漆造形、生活工芸
武山 良三 学部長・教授
サインデザイン、景観まちづくり
辻合 秀一 准教授
デジタルテクノロジー
Computer Graphics
画像処理、ヒューマンインタフェース
複合現実感
内藤 裕孝 講師
家具デザイン、プロダクトデザイン
長柄 毅一 教授
金属材料学、金属材料加工学、文化財科学
中村 滝雄 教授
美術(金属立体造形、金属工芸「鍛金」)
科学技術史(鍛冶道具)
西島 治樹 准教授
美術(メディアアート)
萩野 紀一郎 准教授
建築設計・保存・再生、インテリアデザイン
林 曉 教授
美学(漆工芸)
平田 昌輝 講師
彫刻、塑造
ペルトネン 純子 准教授
工芸〈鍛金、彫金、ジュエリー〉、美術教育
堀江 秀夫 教授
木材工学
松田 愛 講師
西洋美術史、近現代美術論、アート・マネジメント
松政 貞治 教授
建築論、建築歴史意匠設計学、都市形成史、景観論、フランス近現代建築デザイン論
三船 温尚 教授
鋳造技術史
作品の造形と制作技術
矢口 忠憲 准教授
工業デザイン
安嶋 是晴 講師
文化政策論、伝統産業論、地域経営論
横山 天心 准教授
建築意匠
渡邉 雅志 准教授
プロダクトデザイン、木材造形