芸文基礎

つくり手、つかい手、つなぎ手の礎(いしずえ)をつくる

「芸文基礎」は全ての芸文生が学ぶ専門基礎科目群です。富山大学全学生を対象とした教養教育科目と共に、いずれ美術、工芸、デザイン、建築、キュレーションといった専門領域へと学びを深めていく、最初の専門的な学修段階となります。芸文基礎科目群は、芸術の基礎(つくり手系)、文化の基礎(つかい手系)、コミュニケーションの基礎(つなぎ手系)を軸に構成され、造形表現、CG、測定や実験法、素材の理解、設計、芸術や伝統文化の歴史と科学的理解、世界の芸術文化、言語伝達、プレゼンテーション、情報処理、情報サービスなど、4コースの全てに関連する基礎的内容を学ぶことができます。

芸文基礎演習


1.【考える力】寸法のワケを知る—生体計測と統計処理(芸文基礎演習Dの授業風景)
2.【考える力】アイデアのウリを知る—災害時の水運搬方法(芸文基礎演習Dの実験風景)
3.【試す力】立体表現を知る—観察をもとに想像する(芸文基礎演習Cの授業風景)
4.【試す力】デジタルデータの表現技能を知る—CG基礎演習の成果作品
5.【考える力】色彩の仕組みと表し方を知る—色彩七夕短冊の制作(色彩基礎演習の成果作品)
6.【伝える力】異なる文化を知る—中国語の教材
7.【伝える力】視覚的情報伝達の法則を知る—プレゼンテーション演習の成果展
8.【試す力】平面表現を知る—観察をもとに想像する(芸文基礎演習Bの授業風景)